三ヶ月坊主

個人的嗜好をSexyと戦わせるゆるオタク

オシャレとオタクを両立させた最高の部屋に住みたいだけの話

新型コロナ肺炎の影響で自粛&自粛が続き、初の遠征として行くはずだったポプステコン福岡公演は中止、自分のオーケストラ演奏会本番も中止、ふまけんガルボ再登板&セクゾ冠番組&風磨くんのニノさんレギュラー決定などおめでたい事が続くも「これコンサートのMCで発表したかっただろうな…」と忸怩たる思いを抱えざるを得ないこんな世の中じゃ…という感じですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

当然、友人との飲み会なども中止になりまくり、ここ最近私はもっぱら身内のオタクとグループ通話で各自酒を飲みながらくだを巻いたり、フォロワーさんとチャット飲み会で荒ぶったりしてなんとかストレス発散しています。そのうちオタクによる現代版デカメロン書こうぜとか言い出すに違いない。

よって飲酒量と部屋で過ごす時間が増えたわけですが、一人暮らしを始めてからというもの、仕事の合間を縫ってRoomClip*1とかを見てはレイアウトを考えたり家具を買ったりしていたため、我ながら相当住み心地のいい部屋になってきている事に気付きました。そしてセクゾのCD・DVD・雑誌・グッズも飾り放題。実家にいた頃には考えられなかった事です。

しかし私はもう一つ気付いてしまいました。この部屋にはまだオシャレさが足りねえことに……

なんというか、生活に必要なものしかないんですよね。もっと雑貨とかグリーンとか写真とかポスターとか欲しい。壁をコンクリート打ちっぱなしとかにしたい。部屋をオシャレにしてえ。オシャレな部屋にケンティーの写真とかをさり気なく飾る事でケンティーの写真とかをあたかも最高のインテリアグッズであるかのように見せ、いや実際セクゾの佇まいは最高のインテリアグッズなので、RoomClpの人気タグに「Sexy Zone」って載せてえ。IKEAのロースコグ*2ばりにSexy Zoneの2020年カレンダーを定番アイテムにしてえ。

 

という事で、最高のお部屋を作るにはまず今のお部屋を知るところから。自分のこだわりとここ数ヶ月で詰め込んだ知識をひたすら言語化していくためだけの記事なので、ここまで書いておいてなんですがこれから一人暮らしを始める人・もうしているが模様替えを考えてる人以外にはすこぶるどうでもいい内容だと思います。ありがとうございました。

 

◼️全体的レイアウト

f:id:mikozezone:20200329122818j:image

ごくごく一般的な、縦長&正面に掃き出し窓タイプの1K。クローゼットも開口部側の壁についてくれているので、家具を置く上でのデッドスペースが少ないありがたい間取り。やっぱりスタンダードって大事だ。写真左側の腰高窓が背の高い家具を置く上ではネックといえばネックだが、最初からその予定はなかったので無問題。部屋を広く見せるため、自分の目線より低く・膨張色である白系の家具で揃えた。

部屋を少しでも広く見せるにはベッドは壁につけるのが鉄則だが、部屋の短辺につけるか長辺につけるかは最も意見が分かれるところだと思う。私は断然長辺派。部屋に入った時の視線の抜け方が違う。短辺派はよく「寝るスペース・リビングスペース・仕事や食事スペースを分けられる」とメリットを主張するが、そんなもん長辺レイアウトでも部屋の中央に床見せIゾーンを作ればゆるやかに左右で区切れる。

人間、メリハリをつけて生きたい時と、ダラダラ生きたい時とがある。この長辺レイアウトのいいところは、普段はきっちり分ける事もできるし、ダラダラしたい時はベッドに寝っ転がりながらご飯を食べたりテレビを見たりする事も可能なところだ。テレビの位置はコンセントの都合上あまり自由度がなかったのだが、ビーズクッション・ダイニングテーブル前の椅子・ベッド(枕を反対側にする必要はある)・部屋手前のキッチン全てから観れるよう角度にこだわった。どんな時もテレビ画面に映る推しを眺める事ができる、というのはオタク的には超重要事項だ。それにバラエティ番組においては、いついかなる時でも推しのワイプ芸を見逃さないようにしておきたいので……

家具を白系で固めたのは上述したが、この部屋はベースカラーを白、メインカラーをグレー、アクセントカラーをブルーに設定している。……のだが、冬用毛布をうっかりグレーみがかったブルーで買ってしまったので、現時点ではメインカラーとアクセントカラーが逆転してしまっている。あったかくなったらグレーをメインにしたベッドセッティングにしてやる。なぜこの三色か?と言われるとシンプルに好みもあるが、彩度低めの色合いのほうが部屋が広く見えるため。写真だと光の加減でけっこう濃く写ってしまっているが、実際は床の色合いももうちょっと白寄りなので、あまり濃い色の家具は似合わないのもある。アクセントカラーが青なのは精神を穏やかにする色であり寝室のインテリアに最適…と言われているからであり決してケンティーのメンカラだからとかそういう単純な理由ではない。決して。じゃあ紫のクッション(ベッド隅)買ってるのはなんなんですかとか言われると困っちゃうな。

 

◼️ダイニングテーブル周り

f:id:mikozezone:20200329130227j:image

このへんは足掻いてもどうせあんまりオシャレにならなさそうなのでさくっといこう。ニトリで買った昇降式テーブルは、引っ越してすぐの時にとりあえずセンターテーブル買わなきゃ…と思って買ったが意外とでかくて使い道に困った結果、高さを引き上げてダイニングテーブルとして使うこととなった。高さは横の棚と合わせてある。時々仕事を持ち帰ってPC作業する事があるし机と椅子欲しいな…と思っていたため、とても便利に使っている。ご飯食べるのもだいたいここ。ベッド側からも使えるので、友達が泊まりにきた時は私がベッド側に座り友達を椅子に座らせて朝ごはんを食べたりした。ただこの机、ニトリの限界でかなり質感が安っぽいので、もしいいのがあったら買い換えたいと思っている。

足元がコードまみれでかっこ悪いので、隠すために無印良品の壁につけられる家具を壁につけないで縦置きしてある。電気ケトルをここに置いてあるのは、ダイニングテーブルとビーズクッションどちらからでも手に取れるようにするため。IKEAで買った椅子は足が細くて床を見せられる=部屋広見えに貢献してくれるし、意外と座面が広いので上で体操座りだってできる。行儀悪っ……

横の棚はニトリで買ったオープンシェルフで、同じものをもう一個買っているがこちらは横置き。天板の上はメイク道具と会社用カバン置き。メイク道具は今持ってるのをすぐ把握できるように、無印良品のアクリルケースにしまう事にした。買ったその日のうちに道路に落としてちょっと欠けてるのはご愛敬だ。一応鏡(IKEAの貼るタイプの鏡セット。10枚ぐらい入ってて、これ以外は玄関に姿見として集めて貼ってある)は置いているが、絶妙に暗いためこの鏡ではメイクできない。意味ねえ……

雑誌類や飾っていないジャニショ写真を保管するアルバムはこの棚にしまうようにしている。セクゾ表紙の雑誌は一軍として縦置きにし、それ以外の解体前雑誌はその下に横積みしてある。椅子でうまい事隠すようにしている。後述するディスプレイスペースもそうだが、雑誌・写真・CD・DVDは使われている色が当たり前だがたくさんあるため、必然的に雑然として見えがちである。なので色味が多いこれらはできるだけ出入り口側に寄せて、なるべく部屋に入った時には視界に入らないようにしてある。外から帰ってきた時は色味が少なくすっきりして見え、部屋の中まで入ってくつろぎながら振り返ると推しがめっちゃいる…という寸法。

 

◼️テレビ周り

f:id:mikozezone:20200329131938j:image

ダイニングテーブル側からテレビのほうを見るとこんな感じ。このへんはめちゃシンプル。テレビが43型と、一人暮らしにしてはでかめなため、ここを必要以上にごちゃつかせる予定は今のところない。

テレビ台はニトリで購入。伸縮できるし、本来の使い方とは違うがこうして斜めに置く事もできるので気に入っている。直線的デザイン好きだし。どうしても良い音で円盤を見たくて買ったヤマハサウンドバーもちゃんと乗るぐらい奥行きあったし。ただ後ろのコード類丸見えデザインなので、そこはどうにかしたいところ。あまりにも目立つ箇所には100均のフェイクグリーンを置いたが…

センターテーブルはIKEAで買ったネストテーブル*3で、モノトーンインテリアの部屋写真を見るとだいたいこいつが使われている。気がする。一番下のテーブルはへこんでいるので、リモコン類は全部ここにしまえる。本当はもう一つ白いテーブルもセットなのだが、そいつは思ったよりでかい&高くてちょっと使いにくかったので、ディスプレイスペースに回ってもらった。友達が来た時など、広めの机が必要な時は、三つ全部めいっぱいまで広げれば対応できる。

テーブルの下にはニトリのグレーのラグを敷いてある。テーブルが意外と重いので、引きずっても床が傷つかないようにするためである。できるだけ小さめサイズにし、床を見せる面積を増やす事で広見え効果を狙った………というのは嘘で、買う時に単純にサイズを間違えた。部屋に戻って敷いてみたら「ちっっっちゃ!」となったのも良い思い出である。ラウンド型にして床を見せる面積を増やそうとしたのは本当。

グレーのビーズクッションはおなじみ、無印良品の人をダメにするソファー。当初は1〜2人掛けのコンパクトソファーを買う予定だったが、うまくレイアウトする自信がなくて結局これにした。掃除の時でも片腕で持ち上げられるので便利。寝る前はだいたいこれに埋もれてスマホを見たり、晩酌しながらテレビを見たり円盤を見たりしている。

ポスターフレームは、なんとダイソーにこのA2サイズが売っていた。意外と質感もしっかりしていていい感じ。Perfumeのポスターをいくつか持っていたので悩んだが、部屋全体のアクセントカラーに合わせてCOSMIC EXPLORERの予約特典ポスターと、3:4:5:6ライブDVDの予約特典ポスターを飾った。ただライブ中の写真を撮っただけなのに、なんでこんなに格好いいんだろう……

 

◼️ベッド周り

f:id:mikozezone:20200329135025j:image

ここが今後の課題な気がしている。殺風景なんですよね。部屋に入った時に対角線上にあたる場所なので、このへんにフォーカルポイント*4を持ってきたい……この柱だけでもはがせるタイプのコンクリート風壁紙とか貼るか……

無印良品の壁につけられる家具(箱タイプ)と壁掛けCDプレーヤーをつけてある。退去時の事はできるだけ脳内から追いやり、震える手でピンを刺した*5。でもやっぱり怖くてちょっとピンの本数を減らしたので地震が起きたら頭上まっしぐらだ…という緊張感からか、最近小さい地震でも飛び起きられるようになってきた。CDプレーヤーは、CDを買ってから実家のPC経由でスマホに取り込むまでの間に新譜を聴くための手段として購入。盤面のデザインを見せられるので、ポプステのオシャレ盤面を大はしゃぎしながらセッティングした。ただ音質はイマイチなので、スマホに取り込んだらサウンドバーで再生(Bluetooth接続可)しこいつは使わない。

壁につけられる家具は、今は基本的に欠番になっているグレーの色がたまたまネットで復活していたのでつい購入。CDプレーヤーで聴く用に、アルバムの通常盤はこちらに置いてある。あまり重いものを置くと前述の通り地震が怖い。

サイドテーブルは無印良品のワゴン、上に置いてあるアロマディフューザー無印良品のでライト代わりにもなる。ベッドも無印良品の脚付きマットレスなので、このへんは無印良品まみれである。寝る前にスマホとかSwitch Liteもここに置ける。最近は朝起きてすぐにどうぶつの森に飛んでいる。

あったかくなったらベッドリネンは大幅にとっかえたいですね…冬はやっぱり機能性最重視なところがあるじゃん。せっかくヘッドレスなソファー代わりにも使えるベッドを買ったわけだし、もっとブランケットやらクッションやらよく分からん布やらを増やしてオシャレかつ居心地よくしたい。海外みたいに枕めちゃめちゃ置こうぜ。それかこのへんに写真とかポストカード増やすか?

 

◼️ディスプレイスペース

f:id:mikozezone:20200329140812j:image

f:id:mikozezone:20200329143134j:image

ここはよくツイッターにも載っける。おれのオタク・アイデンティティの泉。先ほどダイニングテーブル横に置いていたのと同じニトリのオープンシェルフ、これを今度は縦置きしている。もともと直線的デザインが好きで購入したのだが、嬉々として友人(LDHの女)に写真を送りつけたところ「これは漢字の"臣"に見えるため、登坂広臣さんのファン達に大人気で通称『臣シェルフ』と呼ばれている」という知りたくなかった情報を教わる。以来マジで臣の字にしか見えなくて辛い。CD・DVDは主にここに収納。Perfumeのベストアルバムがシンデレラフィット*6して感動した。

棚の上は今はポプステ仕様にしてある。ポストカードやTシャツは谷根千の雑貨屋ぶらり旅の際に買った。リスのポストカードを見て思わず「ケンティー…」と呟きレジに行ったのだが、全く同じように「かみけん…」と呟いてTHE RAMPAGE FROM EXILE TRIBEのファンの女さんもレジに行っていた。リスは偏在する。黒パーカーはPerfumeのグッズ。

フォトフレームはIKEAで購入。意外とでかい。さっきからこの"意外とでかい""意外とちっちゃい"に振り回されすぎである。ちゃんとサイズ測ってから買え。写真を貼るセンスがない私でも勝手にフレーム側でレイアウトしてくれるありがたいやつ。横のIKEAの姿見と合わせて、直線的デザインを強調してくれている。姿見を置くと部屋が映り込むので、広く見える効果があるとされている。実際は、ダイニングテーブルの椅子から目に入るところにこのディスプレイスペースがあるので、ご飯を食べながら写真を見て多幸感に浸っている私が映り込み現実に引き戻してくれるという効果を持っている。

鏡の反対側には、先ほどのネストテーブルの片割れを置いてお花と香水コーナーにしてある。オタク心を忘れないので、香水の中にはPerfumeプロデュースの香水"Perfume of Perfume"を紛れ込ませている。お花は最近始めた花サブスクこと『FLOWER』というアプリで取り寄せている。花一輪なら送料のみ、ブーケは500円プラス送料で月2回まで買える。これから始める人は、招待コード【7BQ5】を入力してもらえればブーケが2回まで送料だけで買える。宣伝でした。ジョンの花屋回を見てからというもの、花の尊さに気付いてしまいまして……

棚内部(写真2枚目)はまだ模索中だが、リペコンの銀テが皺になってしまったのを逆手に取って100均の電球オブジェに押し込んだのは我ながら気に入っている。実家に置いてきたペジコン銀テでもやろうかな。

隅っこのフロアランプはIKEAで購入。基部がわりと剥き出しなので、隠したくて100均のフェイクグリーンを巻きつけてあるが、これ意味あるのか?お部屋のくつろぎは間接照明から、という事で導入したが、意外と明るい。チェーンライトと合わせて昼間に点けるとこんな感じ。

f:id:mikozezone:20200329143435j:image

チェーンライトは雑貨店で買ったが、クリップが付属しており写真やポストカードを吊るせる。一時期下の写真のように飾っていたが、さすがにあまりにも毎日がカーニバルになりすぎたのでやめた。今は誕生日会などのイベントにジャニショ写真アルバムと共に携えていき、現地で皆様に写真を選んでいただいてその場で飾りつけるサービスとして提供しております。

f:id:mikozezone:20200329143620j:image

このディスプレイスペースをもっとセンスよく飾りたいですね。ディスプレイに一家言を持つ方はいらっしゃいませんか〜〜!!!

*1:実際に人が住んでる部屋の写真がめちゃくちゃ載ってるサイト。国内だと多分最大級。https://roomclip.jp/

*2:人気のキッチンワゴン。

*3:これのように、大きさが違ういくつかのテーブルを組み合わせて使うタイプのテーブルのこと。

*4:視線を集めるために設ける、なにか目立つもの。部屋に入ってまず目に入る場所に設ける事で、他のものがあまり気にならなくなり、結果的に部屋が広く見える効果があるとされている。

*5:一応、画鋲程度の穴しか開かない事は確認している。石膏ボードまで届いてない事を祈るばかりである。届いていなければ、画鋲の穴程度であれば通常の使用範囲内のため、退去時でも修繕費用は借主負担には原則ならない。契約によって異なるので注意が必要だが、私の場合は重説時に「画鋲はOK」の確認を取ってある。

*6:なぜかインテリア大好き主婦たちは、家具やアイテムがスペースにきっちり収まる事をこう呼ぶ。我々がケンティーの座る姿を"シンデレラ座高"と呼ぶようなものかもしれない。